ブログコンセプト(オジサンを鼓舞する詩)
おかねのこと

SBI証券積み立てNISA「Emaxs slim」運用設定する方法

今日もコツコツwinwin投資を楽しみます。

サカモトフタマです。

前回の記事ではSBI証券でideco運用する際の投資商品を「Emaxs slim 先進国株式」に決定しました。

SBI証券のidecoで新プラン?【セレクトプラン】「大和-iFree NYダウ・インデックス」 「ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス」 先日の記事でidecoで運用す...

その前の記事で積み立てNISAの商品の候補を選びました。

積み立てインデックス投資商品を選ぶ【ETF?投資信託?ideco、NISA利用】お金が毎日勝手にじゃぶじゃぶ増えていくことを妄想しながら毎日を生きています。 サカモトフタマです。 こんにちは。 前回...

「Emaxs slim 米国株式(SP500)」信託手数料0.160%

「Emaxs slim 先進国株式」信託手数料0.109%

のどちらかにしようと考えていましたが、idecoで「Emaxs slim 先進国株式」を購入することにしたので、積み立てNISAでは「Emaxs slim 米国株式(SP500)」を購入することにしました。

目論見書

改めまして、「Emaxs slim 米国株式(SP500)」がどんな投資商品なのか目論見書で確認してみることにします。

「Emaxs slim 米国株式(SP500)」は2018年7月3日に新たに設定された投資信託です。

やはり、米国株式インデックス投資が人気なんですね。

信託手数料は0.160%!

極限まで抑えられたコストが魅力です。

「Emaxs slim 」シリーズはその低コストが魅力で積み立てNISA適格ファンドに選ばれています。

この投資信託は、主要な米国株式指数「S&P500指数」(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果をめざします。

為替ヘッジを行いませんので、ドル-円の為替相場の影響を受けることになります。

ざっくり簡単に言うと

米国の「S&P500指数」が上がる → 得

米国の「S&P500指数」が下がる → 損

ドル-円相場が円安になる → 得

ドル-円相場が円高になる → 損

直近の米国株式下落の影響で基準価額は下がっています。

 

積み立て購入の設定

SBI証券の投資信託ページから「Emaxs slim 米国株式(SP500)」を選択し、つみたてNISA買付を選択します。

SBI証券の積み立てNISA購入設定方法は、1ヶ月に1回購入、1週間に1回購入、毎日(営業日)購入のどれかから選ぶことになります。

さらに、1ヶ月に1回購入であれば購入日を、1週間に1回購入であれば購入する曜日を選択し、どのくらいずつ購入するかを設定していきます。

金額設定と比率による設定の両方が可能です。

また、賞与時期に上乗せ積み立てできるように、自由に上乗せ購入できる日も設定できます。

年度途中から積み立てる場合

積み立てNISAは、年間で最大でも40万円しか運用することができませんので 、金額で購入する場合、積み立て購入金額の上限が定められています。

これは年度当初から一年間積み立てた場合に、40万円を越えない限度での最大値になっています。

ばりきくん
ばりきくん
ん?10月からは積み立てたら40万円の枠を使いきれないぞ?

 

年度途中から積み立て始め、年度末までにマックスの40万円を使いきるにはちょっとコツが必要です。

賞与時期に上乗せ購入するための設定項目を使って、年度末に40万円との差額を追加購入する設定にしておけば、積み立てNISAの限度額一杯まで積み立てることができます。

まとめ

サカモトフタマはこのように積み立てNISAの設定を実際にしてみました。

金額による設定にして(実は比率入力はよくわからない)毎週金曜日に上限金額の7,692円を積み立て購入する設定にして、年度末の12月末の最終営業日に399,999円を購入し、「NISA枠ぎりぎり注文設定」を「する」にして40万円ギリギリまで買い付ける設定にしてみました。

はたして、思った通りに買い付けをしてくれるのかどうか。

買付注文の状況や定期的に積み立てた投資商品のリターンをご紹介していけたらいいなと思っています。

 
最後まで記事を読んでいただきありがとうございます(^○^)
このブログをいいと思っていただいたかたは、
twitterでサカモトフタマ(@sakamotofutama)をフォーローしていただけたら死ぬほど喜びます。